ニオイに注意!強烈フレグランス。【最近の柔軟剤事情】

柔軟剤柔軟剤の匂いが必要以上に強調されだしたのっていつ頃からだったでしょうね。

昔は、「柔軟剤の匂い」「石けんの匂い」「シャンプーの匂い」は清潔感のある優しい匂いの代表だったのに、今やもう強烈な香り合戦になってしまいました。

柔軟剤香り戦国時代。 もういい匂いを超えて「臭い」。
そろそろ超えちゃいけないライン、超えてないだろか。

「ベランダ越えて匂いが飛んできて頭痛が…」とか、ありえない相談が増えてるなんて、オカシイでしょう。

スポンサードリンク

 

この柔軟剤の香り競争に一番大きな影響力があったのは、やっぱり一大ブームを巻き起こしたダウニーでしょうね。いたるところで「いい匂い」「大好き」なんて言われて大人気でしたけど、海外産のその匂いは結構強烈で、そのうちアンチダウニー派も出てきて、香害なる言葉もできました。

私も初めは、いつも遊びに来る子供の友達の中で「あれ、この子の家の柔軟剤の匂い強いな~」と思った程度だったんです。その子が来ると家の中全体がその匂いになり、「ああ、今日あの子来たんだな」ってわかるくらい。

ダウニー愛用の柔軟剤以外はさほど興味もなく世間の柔軟剤事情に疎かった私は、それが何の匂いかわかりませんでした。
しかし、ある日ドラッグストアでその匂いがダウニーの香りなんだと知りました。

ああ、確かに強い香り。嫌いってほどじゃないけど、毎日この強い匂いに囲まれると厳しいかも… そう思ったりして。
ほんのりなら素敵な香りなのに、香水と同じで、使っている本人は段々鼻が慣れてしまうらしく、徐々に使用量が増えてしまいがちなのがまた批判の的になっているようです。

それにしても、ダウニーって洗っても洗っても全然あの匂いとれないですよね。
お下がりでもらった服のダウニー臭が、10回洗ってもとれません。 ありゃすごい。

しかし、今は国産の柔軟剤もこぞって「香りが残る」「フレグランス」をアピールしてるので、どれもこれも結構強烈。よく子どもとドラッグストアで嗅ぎ比べしてみるんですが、いつも最終的に鼻がバカになってしまって頭痛がします。(なら嗅ぐなって話)

この香る柔軟剤ブーム、いったいいつまで続くんでしょう。 もうそろそろヤバくない?
働き盛りのおじさんから、アンティーク・ローズの香りとか、ベリー系の香りとか微妙じゃないですか。
すれ違いざまに、「えっ?」って思うエレガントなフローラル臭にドキドキします。

臭い

「匂い」が「臭い」に感じられるって危険ですよね。

 

自分にとっていい匂いでも、人にとって耐え難いケースもある。
匂いは目に見えないので、知らないうちに香害出さないように気をつけなきゃいけませんね。

夏場だと体臭も混じって電車の中で公害的な臭い発してる人とかやっぱりドン引きしちゃうもんね・・・

わきが対策サイト

 

スポンサードリンク

Pocket