顔、髪、身体。面倒くさがりやさんはオイルを使いこなそう。

オイルオイルは保湿にいいってよく聞きますし、雑誌等でもよく特集を見ますが、イマイチ使い方がわからないって声をよく聞きます。

オイルは人の皮脂の成分に近いので、肌との親和性が高く、肌の機能を底上げしてくれます。オイルと言うと、即ベタつくと思われる方が多いですが、最近のオイルは分子がとても小さいので浸透力が高く、ベタツキ感はありません。ただ、オイルによって使用感、質感がかなり違うので、いろいろ試して、自分に合ったオイルを探してみてください。

スポンサードリンク

 

まず、オイルの種類ですが、それぞれによって効能が違います。

オリーブ
酸化しにくく使いやすい。保湿効果、消炎効果が高いので、ニキビケアにもOK。

ホホバ
肌の成分と同じ、『ワックスエステル』を含む唯一のオイル。
美容成分とうるおいを長時間保つバリア機能も。

オイル1アルガン
肌を潤わせるオレイン酸やリノール酸、抗酸化作用をもたらすビタミンEも豊富。
保湿とエイジングケアに。

ココナッツ
抗酸化作用の強いビタミンEが豊富でエイジングケアに。
浸透力に優れ、保湿効果も高い。

ツバキ
人間の皮膚に近い、オレイン酸を85%含有。皮脂膜を強化して、乾燥から肌を保護。
髪の保湿ケアにも。

スクワラン
肌を保護する効果バツグン。殺菌効果があり、ニキビケアや毛穴ケアに。
サラリと軽くて使いやすい。

ローズヒップ
ビタミンCが豊富で、毛穴の開き、小じわ、シミ、ハリ、弾力不足など、
老化を感じた肌に活気を与え、調子を整える。

 

同じ“オイル”でも、種類によってこんなに効能が違います。自分が求めている効果を出すには、それに合ったオイルを使いましょう。

オイル4身体に使うには、ホホバアルガンオリーブココナッツがオススメ。
年々硬くなってくるかかと、粉ふきが気になるひじ、ひざや、手や指先のケアにもいいですよ!

湯上がりに、オイルを1滴加えた洗面器のお湯を身体にかけると全身しっとりします。浸透が早いのでタオルで拭いても保湿力はキープ。

顔には、ホホバスクワランアルガンローズヒップオリーブココナッツがオススメ。
洗顔後の濡れた肌になじませるだけでOK。1~2滴のオイルを手のひらにのばして、水分が残っている状態で、手のひらで顔を包み、押しこむように浸透させます。シワやほうれい線の部分は、伸ばすようにプレスするとさらに可。

いつも使っている化粧水に1滴加えるのも◎。美容成分がより浸透しやすくなります。オイルを塗る

髪にオススメなのは、ホホバアルガンオリーブツバキ
乾燥を感じた時に、オイル1~2滴を手のひらに馴染ませて、毛先を中心に揉み込みます。濡れた髪にも、乾いた髪にも使えます。

 

塗ったり、混ぜたり、メイクを落としたり、オイルは様々な場面で使える便利アイテム。
ぜひ日常の保湿ケアに加えてくださいね!

スポンサードリンク

Pocket