スマホブス警報発令中!あなたは大丈夫!?

スマホ使用いつでもどこでも気になる存在、いつも一緒の大事な存在。・・・それはスマホ。
一日たりとも離れて暮らせない!って方も多いのでは?

知ってます?今、『スマホブス』が急増してるんですって。

しかめっ面で画面を眺め続けてできる眉間のシワ、ずっと下の画面を見続けた結果のアゴのたるみと首のシワ、
ブルーライトで目は疲れ、目元のくすみとクマもハッキリ。口角も下がり、ほうれい線も濃くなり、立派なスマホブスの出来上がり。
一日の終わり、鏡を見た時の疲れ顔。スマホ症候群の自覚症状ありませんか?

スポンサードリンク

このスマホブスにならないためには、まず首のこりを解消する事が近道です。
首周辺には、大事な筋肉や血管が集中しており、リンパ液の通り道でもあるので、ここが凝ると、むくみやたるみ、肩こりや首の痛みを起こし、スマホブスを加速させます。
日々、ここの疲れをとってやる事がスマホブス対策になるでしょう。

そして、ブルーライト対策として、ブルーライトカットシートを貼ることも有効です。ブルーライトは知らないうちに目にダメージを与えています。パソコンやスマホを酷使しすぎた人は、夕方や夜になると目元の印象が変わるんですって。8割以上の人が目が小さくなって老けた印象になるらしいですよ。
確かに、目元って顔の印象を決めますもんね。目の下にたるみの目袋があるだけで、グッと老けた印象になります。要注意です。

 

このマッサージ、かなり顔がスッキリしますよ。老廃物を流すって大切なんですね。老廃物が溜まってると、輪郭の辺りのマッサージする時、痛いんですよね。初めはちょっと大変なんですが、マッサージが終わったら、目元がかなりクリアになりますよ!

その他、口元も、ずっと真剣にスマホを見つめてると口角が下がって表情もブスになりがち。ほうれい線も深く刻まれてしまいます。口を閉じたまま、「イ」と言うようにしたり、「ウイウイウイウイ」と動かすと、口元の筋肉が鍛えられて、口角が上がった綺麗な笑顔が作りやすくなりますよ。

ブルドッグ目元とほうれい線で一気に見た目年齢が上がりますよね。たかがスマホ、されどスマホ。毎日数分のケアで老け見えスマホブスにならないで済むなら、ちょっと頑張れそうじゃないですか?

への字口、目の下ダルダル、ほうれい線ガッチリのブルドックみたいなスマホブスにならないように、日頃からちょっと気をつけましょう。

 

スポンサードリンク

Pocket